ご契約の流れ

 

                 
ご契約の流れ    
                 
売買の流れ                
1.お問い合わせ・中古物件の見学            
気になる物件を、当社にお伝えください。たとえ1件目の物件が気に入ったとしても、他の物件もいくつかチェックするようにして
ください。                
また、この段階でお客様の年収や職業、その他必要な事項をお伺いして資金計画のチェックなど行な  
います。                
2.買付証明書の提出              
購入したい物件を決めたら、買付証明書 (購入申込書・買付申込書・買受申込書等) にご記入をお願いします。法的な拘束力
はありませんが、買い手の購入意思を明確にするための書類です。        
また、特約条件等の希望事項があればこの書面に明記します。        
当社はこの書類をもとに売主 (または売主側の媒介業者) との価格交渉や契約の段取りなどを行ないます。  
  3.重要事項説明を受ける            
購入物件について、当社より重要事項のご説明をさせていただきます。この説明は売買契約の締結前までに行なわれます。
  4.売買契約の締結            
契約内容に納得したら売買契約書に署名捺印し、手付金をお支払いいただきます。この時点で売買契約成立となります。
  5.住宅ローンの申込み            
契約前にあらかじめ、当社が金融機関に対して打診をかけていることもありますが、売買契約後の住宅ローン申込みで正式
に金融機関による審査が始まります。住宅ローンが指定期日までに承認されなかった場合には、    
売買契約を解除することができます。            
  6.中間金のお支払い            
中間金の支払いは、これがない場合も多くありますが、契約書に定められているときにはこれを支払います。  
※手付金は売買代金の一部ではありませんが、中間金はれっきとした、売買代金の一部です。    
  7.残金決済            
売買代金の残り (売買金額から手付金、中間金を差し引いた金額) をお支払いいただきますが、住宅ローンを利用する場合
にはその前の時点で、金融機関との間で金銭消費貸借契約を締結します。      
残金決済と同時に所有権移転登記申請の手続きや、諸費用 (固定資産税・都市計画税・管理費・修繕積立金など) の
清算や手数料 (媒介業者・司法書士など) の支払いなどを行ない、これで一連の取引が完了です。    
お引越しに必要な手続きを    
                 
                 
引越しが決まったら            
転校手続き              
公立の小中学校へ通学しているお子さんがいる場合には、引越しが決定次第、転校の手続きをとります。  
まずお住まいの市区役所に「転出届」を提出し、「転出証明書」を発行してもらいます。また教育委員会から「異動票」を
取り寄せ、この2点を通っている学校に提出します。すると、「在学証明書」「教科書無償給与証明書」が発行されます。
あとは転居先の市区役所に「転入届」を提出し、教育委員会に「在学証明書」「教科書無償給与証明書」を提出すればOKです。
電話の移転            
NTT116番に連絡して、転居の旨を申告します。転居にあたって工事が必要な場合には、予約制になりますので、  
早めに連絡しましょう。また、区域外への転出で電話番号が変わる場合には、移転後旧番号に  
「転居のお知らせ」メッセージを流すかどうかもこの際に確認されます。
市区役所への届出            
現住所の市区役所に「転出届」を提出すると、「転出証明書」が発行されます。これがないと、新居での転入手続きも
出来ません。また、国民健康保険に加入している場合はこれも併せて手続きを済ませておきます。    
電気・ガス・水道会社への届出            
領収証などを見て、旧居の管轄に電話で連絡をすることになります。引越し日、新住所なども聞かれます。  
水道・電気に関しては、特に立ち会いは必要ありませんが、ガスだけは引越し当日に閉栓・開栓ともに立ち会いが必要です。
閉栓・開栓とも、係員さんの来訪日時を予約することになりますので、旧居の管轄・新居の管轄    
のそれぞれに連絡が必要となります。            
その他諸届出            

その他銀行や保険、カード会社、新聞販売会社、NHK、ケーブルテレビ、インターネットのプロバイダー関係や、電話1本ですむもの、書類提出が必要

なものなど、それぞれの手段にしたがって届け出をします。        
引越しが終わったら             
車庫証明の取得            
自動車を所有している場合、新車庫または駐車場が確定したら、転入届手続き後、管轄の警察署に申告します。  
必要書類は、車庫の見取り図・配置図・印鑑などです。地域によって違う場合がありますので、事前に確認が必要です。
自動車・バイク登録の変更            
車庫証明が取れたら、陸運支局にて自動車の登録変更を行います。引越してから15日以内となります。同じ陸運支局
管轄内かどうかによって必要書類も変わります。違う管轄に引っ越す時は、当然ナンバープレート    
も変更となりますので、車で出向くのをおすすめします。バイクを所持している場合には、同時に    
こちらの手続きも必要になります。            
運転免許証・パスポートの住所変更            
運転免許証については、同じ都道府県内であれば、免許証と転居後の住民票のほか、住所を証明できるものを  
持って管轄の警察署にいけば大丈夫です。免許証の裏面に新住所が記載されて手続きは完了。    
違う都道府県への転居の場合には、免許証ごと作り替えになりますので、写真も必要となってきます。パスポートは、
結婚などで氏名が変わる場合と、本籍地も変わる場合以外は特に手続きは必要ありません。所持人記入欄を自分で
訂正すればOKです。